天気を優先する男の話

高校生の頃、私は同じ高校に彼氏がいました。
その人は無口で、感情をあまり出さない人でしたが、私はその人に一目惚れしてしまい、どうしてもこの人と付き合いたいと思いダメ元で告白したところ、なんとOKをいただたのです。そこから彼とのお付き合いが始まりました。


しかし、それが最悪な日々の始まりでした。
元々彼は感情を表に出さない性格ですが、優しい人なのかと思っていましたが全く違いました。
ある日の土曜日、私は彼とデートの約束をしていて、とても楽しみにしていました。

当日になって待ち合わせの場所まで行って彼を待っていたのですが、なかなかきませんでした。なんで来ないのかわからず、彼にメールしたところ、返事が返ってきたのですが、その返信が最悪でした。雨だから行かないと書いてあったのです。

私はもう待ち合わせ場所にいるんだけど!と言いましたが、結局彼はその日来てくれませんでした。謝りもしてくれず、私はその頃から気持ちが冷めていきましたが、せっかく付き合えたので振ることはしたくないと思い、耐えていました。そして、時期が立ち、バレンタインデーになりました。私は手作りのガトーショコラを作り、彼に渡すのがとても楽しみでした。

しかし、その日の天気は雪でした。私はあの雨の日の事を思い出し、少し嫌な予感を感じましたが、彼は普通に来てくれました。しかし、彼からとんでもない事を言われたのです。なんと彼は「こんな雪の日になんで会わなきゃいけないの」とキレてきたのです。私はせっかくのバレンタインなのになんでこんな酷い事を言われなきゃいけないんだろうと思い、悲しくて泣いてしまいました。

すると、泣いたら泣いたでもっと怒られてしまい、私はもう耐えられず、私よりもそんなに天気の方が大事なのか!と思わず怒鳴ってしまいました。すると彼は「大事だよ。」と即答してきました。私はもう言葉が出ず、渡すだけ渡して帰りました。そして、その日の夜メールで別れを告げました。彼からは好きにすればとのことでした。今では笑える思い出ですが当時は本当に怒りしか湧かなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です