頼り甲斐がある、そんな年上だと思っていた彼

今までずっと同い年の彼としか付き合っていなかったので、周りの年上彼氏持ちの友人から「年上は頼り甲斐があって良いよ」と言われていました。そして大学生になった時、先輩の紹介でやっと年上の彼氏ができたのです。

シュガリミットの評価


その彼氏は後輩の面倒見も良く、後輩からも人気の後輩でした。そのため、付き合ったらきっと幸せになるだろうと思っていました。ですがそれは大きな間違いだったのです。


男の人は付き合ってしまうと外とは違う一面も見せてくることを知りました。何故ならその先輩は、付き合った途端に甘えん坊になってしまって依存体質だったからです。

常に一緒にいないといけないし、メールはハートマークだらけ。会っていない時には「会いたい」と頻繁に連絡がくるし、私が他の友達と遊んでいると機嫌が悪くなり、だんだんと「どうせ俺なんて」と弱気になります。さすがにそれはこちらとしても困りますし、思っていた彼氏像と違いすぎて困ってしまいました。


最終的には、学園祭で他の男の子と話しているところを見ただけで周りに「俺はもう振られるのかも」なんて相談していて嫌になって別れてしまいました。男性って好きな女性を相手にすると良い意味でも悪い意味でも変わるのだなと勉強させられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です